お知らせ

「オートリース」のメリットと「残価」との関係

「オートリース」のメリットと「残価」との関係

.

通常、車を購入するときは車両代金+登録諸費用を全額払うかその全額を分割で支払います。

当然車はそれだけでは維持できません。

税金や保険、車のメンテナンス代が別にかかってきます。

「オートリース」とは、ご希望の車両を一定期間、月々一定の金額で賃借して使用する方法です。

車両代金(残価を引いた金額)・登録諸費用・税金・保険料等がパッケージされているため、購入やローンと違い、諸費用などの資金の準備が不要です。

では直前に書いた「残価とは何でしょうか?」

最近自動車メーカーのCMや新車のチラシなどでよく見かける「残価設定」

この言葉をよく耳にすると思います。オートリースもその残価設定をしています。

「残価設定」とはお客様のリース期間における車両予想走行距離等により残存価格を設定することです。

残存価格とはリース満了時の車両売却予想価格のことです。

つまり最初から契約期間後の売却金額を差し引いてからリース料の計算をしているのです。

だから毎月一定額のリース料を支払うことで税金やメンテナンスの金額を含めても支払額が増大しないのです。

ということは、ワンランク上の車が狙えたり、取り付けしたかったオプションも着けることも可能になりますね(^^)

詳しくはこちらをご覧ください
http://www.koalaclub-sanjo.jp/lp/koala/

メールフォーム

Scroll Up